HOME > 特殊伐採

切れない木はありません

住宅地などで家屋等に囲まれている樹木、今にも倒れそうな枯れ木など、通常の元切り伐採(根本から一度に切って伐採すること)では対応できない樹木を対象に豊富な現場経験を有した技術員が、いわゆる「特殊伐採」と呼ばれる技法で、どんな木でも伐り倒します。
業者様はもちろん、個人様のご依頼も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

クレーン伐採

家屋に隣接する庭木、お墓、寺社の大木など、大きすぎて根元から一度に倒す場所がない、または、付近に構造物があり、倒せない樹木があります。

そのような樹木は、「吊り切り」と呼ばれる技法で、クレーン車を使用して、少しずつ切っていきます。

当社の吊り切りは、樹上で作業する技術員はもちろん、クレーン車のオペレーターもすべて自社社員のため、技術員同士の息の合った、安全で早い作業をお約束します。

高所作業車


当社は高所作業車を2台保有しており、校庭の庭木剪定、電力会社など道路に隣接する高木の伐採に活躍しています。

高所作業車は車体が小さく、住宅地や林道など、道幅を選ばずに進入することができるため、個人様からの庭木剪定等のご依頼も承ります。

木登り・昇樹作業

作業車の進入困難な場所でもご安心ください。
当社では、経験豊富な技術員が、どんな木でも猿のように登っていきます。木に登って作業する職人は「空師」とも呼ばれ、昇樹する技術はもちろんのこと、ロープワークや樹上でチェーンソーを巧みに使いこなす、まさに職人芸です。
一見すると、当社の樹上作業は、地上と変わらないスピードで進んでいきますが、それこそ職人たちの高度な技術力があってこその芸当です。


(クリックで拡大します)


(クリックで拡大します)